RICOH RIKENON AUTO 135mm/f2.8


中望遠を手軽に!コストパフォーマンスの高い良レンズ。

28mm、35mm、50mmときたら、次に望遠が欲しくなるのは一眼レフ ユーザーのさだめだろう。
300mmとかはそう買えるものでもなく、また重いため使わなくなるのが目に見えている。

今回は35mm版換算で215mm程になる135mmレンズをヤフオクで探してみた。
タクマー135mm/f3.5辺りを探したが、良い物には出会えず、代わりにこのレンズを発見した。入札0だったので、開始価格で入札しておいたらそのまま落札出来た。




外見は超美品で光学系もクリアー、絞り羽根はシャキシャキ動く程度の良い品だったが、一通り触っていると、問題点も見つかった。
  • A-M切替えが機能しない
    レバーをMの位置にすると、レンズの後ろにあるピンを押さなくても絞りが連動するのだが、この個体はピンを押さないと絞りが動かない。ピン押しタイプのマウントアダプターなので撮影には問題がない。
  • 後部ピンが短い?
    マウントアダプターとの相性か個体の問題か、このレンズ全ての仕様なのかは不明だが、アダプターでピンが押しきれておらず、絞りが16までしか連動しない。あと1mmなのに…。
    まあ、望遠でそこまで絞ることはまずないため、これも撮影には問題ない。


フィルター径55mm、最低撮影距離1.5m、絞り羽根6枚。重量394g。
このレンズは後期型なので絞り羽根が8枚から6枚に削減されたモデルだ。フード内蔵型なのでコンパクトなのが良い。



絞り開放(2.8)で撮影。 若干ピンボケなので足下の砂を見て欲しい。
全体的にゆるくソフトな描写となっている。


アフリカゾウ/Loxodonta africana
逆光はともかく、強い斜光でもハレーション気味になって甘い解像になるのは古いレンズの性か。
埋め込みフードではなく、大きめのフードを付けると改善しそうだ。


キリン/giraffe
毛並みやヒゲまでしっかりと描写出来ており、非常にシャープな画を結ぶ。


リスザル/Common Squirrel Monkey
絞り開放で撮影。毛の柔らかさもしっかりと出ており、背景ボケも良好だ。


この焦点距離になると、動く対象にピントを合わせて撮るのは本当に難しい。
しかも手ぶれ補正もないので気合いが必要だが、手持ちでも充分使えることがわかった。

35mm換算216mmでは野鳥などは厳しいが、遠くに咲いている花など、ちょっと離れたところにある被写体を引き寄せて撮るとか、ちょっと距離を置いてのポートレートといった、35mm版で200mm f2.8を使うのと同じような使い方が出来そうだ。 (ボケや背景圧縮は比べるまでもないが…)

画質も古くささを感じさせない為、普段持ち歩きの二本目には良いかもしれない。

4,000円程度で入手できる望遠レンズと考えれば、非常にコストパフォーマンスが高い良いレンズと言えるだろう。


◆ブログランキング参加中!!◆
1日1回応援クリックお願いします(^-^) → にほんブログ村 写真ブログへ
こちらもお願いします(^-^) → 人気ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿

次の投稿 前の投稿 ホーム