Canon 7テスト撮影

先日、再度モルト張り替えを行い、裏蓋がしっかりと閉まるようになったCanon7ですが、テスト撮影のネガが上がってきました。


バイク/motorbike



撮影時はあいにくの曇り空でしたが、こういう日は硬質なモノを撮ると好みの質感が得られます。
バイクの写真も質感表現はとても好きです。


榎木大明神
露出は外していますが、心配していた光線漏れはなさそうです。
本当はご神木にもっと寄ってローアングルから見上げて撮りたかったのですが、50mmでは厳しいです。
やはり広角が欲しいですね。



銅像/bronze statue

晴れてきたので露出はそのままにオーバー気味を意識して撮影してみました。
スキャンしてビックリ!ピッタリ適正露出です。
他の写真はヒストグラムの下半分しか使っていないモノも多いなか、これは綺麗に上から下まで綺麗に使い切れています。


私のCanon7は露出計が動くとは言え、全体的にアンダーになるみたいです。
ISO100使用ならISO200、400位に設定した方が良さそうです。


楓/maple
これはちょっとした実験です。
Industar50は最短撮影距離が約1mと全然寄れないレンズなのですが、Canon7の距離計は70cmくらいまで連動するので、Industar50のヘリコイドの回り止めネジを外して寄ってみました。
すると最短距離を超え、距離計連動ギリギリの70cmでも撮ることができました。

フィルムを入れずにピントグラスで確認したところ、目測だと50cmくらいまではピントが来るようです。

これで寄れない不満は少し緩和されました(^-^)


DEMIレンズのLマウント構想は検討中で、手法は確立出来ました。
ですが、実際に出来るかどうかは私の加工次第です。

早く試したいのですが、DEMIが露出計以外は絶好調なので、ばらすのを躊躇っています。
とりあえず、もう一台DEMIを手配中です。


◆ブログランキング参加中!!◆
1日1回応援クリックお願いします(^-^) → にほんブログ村 写真ブログへ
こちらもお願いします(^-^) → 人気ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿

次の投稿 前の投稿 ホーム