OLYMPUS マグニファイヤーアイカップ ME-1

EOS Kiss Digital Nのファインダーは見難く、MFでのピント合わせは至難の業だ。
その改善にフォーカシングスクリーンをスプリットマイクロへ交換したのだが、さらにピントを合わせやすくするために購入した。


OLYMPUSの「アイカップ ME-1」はファインダー像が1.2倍になるマグニファイヤーのアイピースだ。
KissDNのファインダーはフルサイズ機の62.5%しかないがこれをつけると75%になる。

ニコン「DK-21M」、パナソニック「VYC-0973」、PENTAX 「O-ME53」と4点での比較だった。
全ての実物を見れるわけもなく、ネットでのレビューや評判で慎重に選び、眼鏡利用でケラレの少ないと思われるME-1にした。


届いた物を装着すると、心配していたケラレも気にならないレベルだった。液晶表示部分がちょっと見ずらいかな?という位で視線を少しずらせば問題ない。

付けた瞬間に劇的な変化はなく、「こんなもん?」という感じだが、使い慣れてから外すとかなり像が小さい。あるとMFでのピント合わせ快適度が変わるので、フォーカシングスクリーン交換とセットでオススメしたい。



◆ブログランキング参加中!!◆
1日1回応援クリックお願いします(^-^) → にほんブログ村 写真ブログへ
こちらもお願いします(^-^) → 人気ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿

次の投稿 前の投稿 ホーム