Canon 7をメンテナンス

Canon 7

Canon 7を触っていると問題を見つけてしまった。
押え金具が裏ぶたのピンを咥えていない為、手で開けられる状態だ。 ケースの歪みか、ピンの位置が間違っているのか、2mmほど手前でピンが止まるので金具のカギに引っ掛からない。

どうにも困って、「明日は明日の風が吹く」のSEINOさんが書かれたCanon 7記事にコメントで質問したところ、重大なヒントを頂いた。
SEINOさんありがとうございます!





モルト代用品としてフェルトを使っていたのだが、それと両面テープでボディの厚みが増し、ピンの位置が合わなくなっていたようだ。

このフェルトと毛糸をノギスで測った所、圧をかけた時にフェルトはさほど縮まず、毛糸はペタンコになった。 フェルトをはがして細い毛糸に置き換えてみたら裏ぶたがちゃんと閉まるようになった。



次に貼り革が古くて汚かったので、貼り替える事にした。
本当はAki-Asahi.comのCanon 7用貼り革が便利で良いのだが、壊れたタイマーは見えるのが嫌だったので自作となった。
レンズマウント周辺のRやネジ穴を抜くのが面倒だったが、まずまずの仕上がりだ。
もとからタイマーの無い機種のようだ(^^;;

後は現像して、光線漏れ感光がないか確認するだけだ。

簡単な内容ながらも、こうして自分で手を入れていくと愛着がわいてくるので良い。
デジカメ使っていた頃には無かった感覚なのでとても新鮮だ(^-^)

Ads by Rakuten


◆ブログランキング参加中!!◆
1日1回応援クリックお願いします(^-^) → にほんブログ村 写真ブログへ
こちらもお願いします(^-^) → 人気ブログランキングへ

2 件のコメント:

  1. ご紹介ありがとうございます。
    セルフタイマーが無いのもシンプルでカッコイイですね。
    なんかレトロな感じでGoodです。
    ?レトロなカメラにレトロに見えるというのも変ですが。

    返信削除
  2. SEINOさん

    おかげさまで無事裏ぶたを閉める事が出来ました。
    今フィルム入れてテスト中です。
    カブリがなければ完成となります。
    貼り革の切りだしが苦労しましたが、タイマー穴を隠せたので満足です(^-^)

    返信削除

次の投稿 前の投稿 ホーム