EOS7でマウントアダプター使用の露出暴れを改善

eos7_1
このまえ紹介したEOS7ですが、調べると「電子接点のないレンズでは露出があばれる」と書かれた記事が見つかりました。

実際に比較しても、最大で4段程度オーバーでバラバラの露出を示し、AEが使い物になりません。
仮説を立てて、注文していた秘密兵器がベラルーシから届きました。





dandelion IV」チップです。
MFで合焦するとピピッ!というフォーカスエイドを有効にするチップで、純正レンズが付いているように偽装してカメラをだます訳ですね。
このチップをアダプターに付けると、露出の暴れも無くなるのではないか?というわけです。


取り付けは簡単でした。

  1. 両面テープでマウントアダプターに仮止めし、チップの位置合わせをします
  2. 電源を入れて液晶に絞り値が表示されればOKです
  3. その位置に印を付け、エポキシ接着剤で貼って24時間で完全硬化

アダプターによっては、高さを削って調整が必要だったりするようですが、僕の使っているアダプターでは無調整でいけました。


こんな感じになります。


アダプターを付けると、00表示からチップのデフォルト値であるf1.4と表示されます。
これでEOSでM42レンズでもフォーカスエイドが有効になりました。
過信は出来ないですが、参考程度に使うと便利ですね。

次に、本命であるEOS7の露出を見てみましょう。
チップの無いアダプターと今回のアダプターで同じ被写体を測光して見比べました。


Zuiko 50mm (chip)Tessar 50mm (chip有)
TESTfKissDNEOS 7KissDNEOS 7
12.81/251/10001/501/60
22.81/601/15001/601/90
32.81/301/7501/501/60
42.81/41/451/101/6
55.61/151/2501/301/15
65.61/601/10001/1601/125
7111/2501/30001/2501/350
8111/101/1801/101/10

チップの無いZuiko 50mmでは、KissDNとEOS7では全然露出が違います。
テスト1では5段1/3程の差で、露出補正でどうこうというレベルでは無いですね。

Tessarは今回のアダプター経由なのでチップありです。
一番差が大きなテスト5でも1段となっており、撮影には問題ないレベルです。

この結果から、EOS7のマウントアダプター問題は解決したと言えます。


露出の心配もなくなったので、やっとEOS7で撮影することが出来ます(^-^)
不具合対応のみでなく、フォーカスエイドというオマケもついてきたので、これで2000円は安い買い物ですね。


※注意※
この検証結果は個人で試した結果であり、結果を保証するものではありません。
チップのバージョン等々により望みの結果が得られない場合があります。


◆ブログランキング参加中!!◆
1日1回応援クリックお願いします(^-^) → にほんブログ村 写真ブログへ
こちらもお願いします(^-^) → 人気ブログランキングへ

2 件のコメント:

  1. いろんな所でこのたぐいのチップを見ますが、私もまだ試したことがありません。
    でもうまく行くもんですね。
    個人的にはアルファ用が気になるところです。
    やってみようかな。

    返信削除
  2. SEINOさん

    EOS用は貼るだけですのでとても簡単です。
    このメーカーのはα用が見当たらないですが、他を見てみるとアダプター削るみたいですね。

    チップ手に入ったらやってみてください。

    今回はEOS7の為でしたが、フォーカスエイドも参考程度には良いですよ。

    返信削除

次の投稿 前の投稿 ホーム