K10Dの手ブレ補正に驚く

Moon
PENTAX K10D
PENTAX SMC Takumar 300mm f4 & x2 tele converter 

K10Dをいじくり回していますが、ボディ内手ブレ補正の凄さを実感しています。
野鳥撮影がメインですが、平日夜に望遠を試せるとしたら月しかありません。

この画像はSMC Takumar 300mmに2倍テレコンを付け、35mm版換算900mmにて手持ちで撮影した物です。シャッタースピードは1/100秒。
補正なしだと1/500秒、気合を入れて1/250秒がギリギリというところでしょうか。

EOS Kiss DNの時には撮れなかった条件でも、手持ちで撮影できるので幅が広がりました。
過信はできませんが、結構頼りになりそうです。


◆ブログランキング参加中!!◆
1日1回応援クリックお願いします(^-^) → にほんブログ村 写真ブログへ
こちらもお願いします(^-^) → 人気ブログランキングへ

2 件のコメント:

  1. ボディ内手ぶれ補正でも十分使い物になるでしょう。

    返信削除
  2. kenさんコメントありがとうございます。
    思った以上に効果が高いですね。
    これから活躍してくれそうです(^-^)

    返信削除

次の投稿 前の投稿 ホーム