ネガのデジカメ複写

smile
Leica CL , Canon S 50mm/f1.8 II
Kodak 400TX

フィルムスキャナーの調子が悪く、デジカメの鳥写真ばかりでしたが、なんとかデジカメ複写の流れを構築出来ました。




色々試しましたが、ニコンのスライドコピーアダプター ES-1を使う方法に落ち着きました。
Flektogonに接写リングを付けてちょうど35mm版が画面一杯になります。こんな時にもFlektogonは役に立ちます。

未スキャンのネガを36枚パシャパシャしていましたが、デジカメ複写は楽ですね(^^)


osaka castle
Leica CL , Canon S 50mm/f1.8 II
Kodak 400TX

Canon S 50mm/1.8はフードなしで撮影しているので、斜光でも厳しいものがあります。
まあ、オールドレンズの味としましょう(笑)

複写でもピントの甘さが出ず、フィルムの粒状感が出ているので問題なしです。



watch
Leica CL , Canon S 50mm/f1.8 II
Kodak 400TX

イエス様っぽい人がティファニーの時計を担いでいます。
このデザインを思いつくデザイナーに脱帽です。


shadow
Leica CL , Canon S 50mm/f1.8 II
Kodak 400TX

やっぱりオールドレンズにはモノクロフィルムが似合いますね。

最後の写真は、「不気味な影が鳩に迫っている」感じを出したかったのですが、上がりはイマイチ(T-T)
もっと撮影しないといけないですね。





◆ブログランキング参加中!!◆
1日1回応援クリックお願いします(^-^) → にほんブログ村 写真ブログへ
こちらもお願いします(^-^) → 人気ブログランキングへ

4 件のコメント:

  1. デジカメコピーは楽な割に結果は良いでしょう。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。

      色々試しましたが、ようやく落ち着きました。
      ネガむき出しで挟んでいるので、いずれネガ保持を何とかしたいですね。

      削除
  2. なるほど、こういう方法があったのですね。
    きれに出ていますよ。
    スライドコピーアダプター ES-1は、
    マウントをつけないと撮れないのですか?

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      ES-1はスライド用なのですが、スライドを挟む板バネに直接フィルムを挟んで複写しました。
      この方法だとフィルムに傷が付きそうで気を使うので、ホルダーを何とかしようと考えています。

      削除

次の投稿 前の投稿 ホーム