「キャンディッドフォト」と「盗撮」について

読書/Reading
MINOLTA CLE & Voigtlaender Nokton Classic 40mm/f1.4
Kodac PORTRA 400

今月で、写真をはじめて1年が経過しました。
初めは目に写るモノを何でも撮影し、映像になれば楽しかったのですが、色々思う事が出てきました。



人の写らない風景やモノばかりでは面白くない。


こう思うようになりました。

海とか山とか風景写真も良いですが、街中スナップがメインの僕には人がいない街を撮ることは至難の業です。自然な街の情景を撮ろうとすると、人の存在は欠かせないのです。

「撮りますよ」と声を掛けて撮ると自然にならない、そこでノーファインダー撮影をよくやっています。
Super Wide Heliar 15mmで、ずれた方向に構えながら、人を画角に入れたりとかもします。

撮られていることを意識させないのを「キャンディッドフォト」というみたいですね。
自分でもやっていて、ふと疑問になったのは「盗撮」とのボーダーラインです。非常に曖昧で、色々なブログで言及されていますが、見解はマチマチです。

Wikioediaで調べると以下の様な記述があります。

盗撮(とうさつ)とは、被写体、または対象物の管理者に了解を得ずに
ひそかに撮影を行うこと。 

この定義から言えば、キャンディッドフォトは了解を得ていないので「盗撮」となります。



じゃあ、キャンディッドフォトは犯罪か?

僕の答えはNoです。 表現方法の1つとして有効だと考えます。
ややこしくなる原因は「盗撮」という言葉のイメージの問題かなと思っています。

スカートの中を逆さ撮りしたり、着替えやトイレを盗撮したりという、見えてはいけないようにしている物(事)を密かに撮影することが、「盗撮」の一般的なイメージとなっています。つまり、盗撮=犯罪なんですね。


一方、公共の場所で普通に見られるものを撮影するのも、断りがなければ同じ「盗撮」です。


要は、「盗撮」という言葉の範囲が広すぎるんですね。
  1. 猥褻な盗撮(スカートの中、トイレ、更衣室など)
  2. プライバシーの侵害となる盗撮
  3. 上記1~2に該当せず、断りなく撮った写真
1と2は被写体の名誉を毀損する行為です。
これらに該当しない3がキャンディッドフォトになるのかな?と考えています。
※あくまでも個人的な見解です。

法的な見解は色々あるでしょうが、自分の中で整理出来たら気が楽になりました。

こんな事などをアレコレ考えたりすることが増えました。
一年経過した割には、写真が上手くなっていませんが、それなりに成長しているのかな?




待機/Wait
MINOLTA CLE & Voigtlaender Nokton Classic 40mm/f1.4
Kodac PORTRA 400

ノーファインダー&目測ピントでの撮影ですが、だいぶ普通に撮れる様になりました。
ひたすら練習ですね。


渋滞の原因/cause of traffic congestion
MINOLTA CLE & Voigtlaender Nokton Classic 40mm/f1.4
Kodac PORTRA 400

車道が大渋滞していて、車が全然流れていない先頭はこうなっていました。4車線の真ん中で車がパトカーに止められています。

これもノーファインダー&目測ピントです。
技法としてのノーファインダー撮影は、ある程度出来るようになりましたが、これを使って「どんな写真を撮りたいのか?」という大きな課題が残っています。

今は「気になった事象を撮る」ですが、共通のテーマみたいな物が欲しく思っています。
なかなか写真は奥が深く、難しいですね(^^;;


◆ブログランキング参加中!!◆
1日1回応援クリックお願いします(^-^) → にほんブログ村 写真ブログへ
こちらもお願いします(^-^) → 人気ブログランキングへ

6 件のコメント:

  1. こんばんは。
    盗撮と写真作品の線引き、難しい問題ですよね。
    私は元来小心者なので人にカメラを向けることは少ないのですけれど、
    他人にカメラを向ける際は、自分が被写体だったら不愉快に感じるか否かを
    一つの判断基準にしたいと思っています。
    最近は自動車のナンバーまで丁寧にデジタル処理している写真集まであり、
    ここまでしなくちゃならないのかと正直萎えることがあります。

    返信削除
    返信
    1. yuji-hysさん

      コメントありがとうございます。
      不快に感じるかどうか?分かりやすい基準ですね。

      写真集でデジタル修正とかなえますね。

      削除
  2. 私も撮られたほうが不快と思うかどうか、を基準にして考えてます。

    貶めるような表現はもちろんNGで
    良い写真になるなら積極的に勇気を持って撮って
    ブログにも公開してしまってます。

    実際以前寺の撮影で子供が写り込んだのを撮影したら
    なんとお母様からコメント貰ったりもしました(好意的に)

    あとカップルはなるべく遠慮したり
    時間をずらして公開したり
    女性は細心の注意をしたりはしますね。

    ところでこのコメント欄のSPAM対策のパスワード入力
    難解に進化していて苦労しますねw

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      本当に気を使いますよね。

      子供のお母様から好意的なコメント、こういうケースもあるのですね。

      カップルとか撮りたいなと思うシーンがあっても、なかなかカメラを向けられません。

      >ところでこのコメント欄のSPAM対策のパスワード入力
      >難解に進化していて苦労しますねw
      僕は管理者なので見たことなかったですが、ログオフしてみてみました。
      かなりガードが堅いですねw
      ご面倒をお掛けしますm(_ _)m

      削除
  3. >実際以前寺の撮影で子供が写り込んだのを撮影したら
    >なんとお母様からコメント貰ったりもしました(好意的に)

    私の場合は勝手にSNSやブログなどで晒されるのは嫌ですけどね。
    ましてや我が子なんてもっての他。
    Facebookのタグ付けなんかもそうですがネットにアップする場合は被写体の許可は必須かと。
    自分を基準にするのは駄目だと思います。

    通りすがりでした。

    返信削除
    返信
    1. 匿名さま

      コメントありがとうございます。
      書かれているお考えは理解しています。

      写真表現と法やモラルといった問題は段々とシビアになってきます。
      最近ではプロアマ問わず写真家よりも一般の方がSNSにあげる写メの方が問題になる事が多いですね。

      この辺の基準は人それぞれですが、自分なりにしっかりと線引きして臨んでゆきたいとおもいます。

      削除

次の投稿 前の投稿 ホーム