PRINZFLEX AUTO REFLEX 28mm/f2.8


とにかくスッキリ写る!スナップ撮りによいレア玉?


M42レンズで28mmをラインナップに加えた。ヤフオクで入札して以降値動きがなかったが、直前で思いのほか競ってしまい、11,500円で落札。



「Prinzflex」というブランドは、チノンがイギリスのDixon社へOEM提供していたブランドだ。
チノン=富岡とは言えないが、この時代のものは富岡製が多いようで、海外では富岡製と謳われたりするようだが、実際のところは定かではない。
富岡製とはっきりわかれば人気も出るのだろうが・・・。

それほど高い物でもないので「レア玉」と謳って良い物か迷ったが、あまり見かけず数自体は少ないと思われる。




フィルター径62mm、最低撮影距離0.4m、絞り羽根6枚。このレンズはFlektogonやZuikoとヘリコイドと絞りの回転が逆になるので、とっさのときに反対に回してしまい鬱陶しい。
フジヤカメラのジャンク館で100円で買った広角用ラバーフードを取り付けた。





ピントが来ている部分はシャープで発色も良い。朱の塗りムラまで映っていたのには驚いた。
合わせにくさだけが問題だ。


心斎橋近辺/Shinsaibashi
ぱっと見上げてパンフォーカスで撮れるのは便利だ。


松屋町筋/Matsuyamachi-suji
絞り込んで撮れば、遠くの方までシャープな解像を見せる。


観覧車/Ferris wheels
シャープに写る為、こういう人工物の撮影にはベストマッチ。


難波神社 狛犬
常に絞り込んでパンフォーカス撮影すると、今のレンズのようにパキッと写るので重宝する。


もともと無限遠がズレた状態であったので、ファーストインプレッションは散々なものだった。
ピン甘の画像しか撮れないため、使う気になれずしばらくしまい込んでいたが、「Prinzflex 28mm/f2.8 無限遠を調整」で生まれ変わった。

  • ほぼ見たままの素直な発色
  • パンフォーカスでの使いやすさ
  • シャープな解像
  • 前玉デカくて格好がいい(笑)

このように良いところばかりのレンズに生まれ変わった。
28mm f3.5クラスと比較すると少し値が張るが、28mm f2.8というスペックを考えても値段分の価値はあるだろう。


◆ブログランキング参加中!!◆
1日1回応援クリックお願いします(^-^) → にほんブログ村 写真ブログへ
こちらもお願いします(^-^) → 人気ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿

次の投稿 前の投稿 ホーム