ASAHI エクステンションチューブ



色々なレンズでマクロ撮影が可能になる便利な筒

Flektogonで花の撮影などを楽しんでいるが、Flickrで見るような超拡大マクロを撮ってみたいと思い、ヤフオクでM42のエクステンションチューブを探したら、旭光学の3点セットが1000円で出品されていた。
とりあえず初入札で2000円と入れたらそのまま誰も入札せず、結局1000円で落とせてしまった。



今までマクロの際はコンデジのCX2を使用していた。この機種は「1cmマクロ」なので、ここまで寄ることができて重宝している。だが、AFなので最大近接時にピントを良く外す事が多い。


Flektogonが寄れると言ってもここまで寄れるわけではない。エクステンションチューブでどこまでCX2に近づけるのか?
そこで、Flektogon 35mm/f2.8とPrinzflex 28mm/f2.8で撮り比べてみた。


左から順に、レンズ単体での最大近接、チューブ(小)、チューブ(中)、チューブ(大)となる。


■Flektogon 35mm/f2.8

Flektogon単体での近接撮影のすごさが分かる。
チューブ(大)で被写体ギリギリ(約1cm)なのでチューブ組み合わせはできない。

■Prinzflex 28mm/f2.8

チューブ(小)をつけただけで一気にクローズアップできるが、焦点距離の短さからFlektogon程の倍率にはならない。 こちらもチューブ(大)で被写体ギリギリ(約5mm)なのでチューブ組み合わせはできない。



Flektogon 35mm/f2.8 + チューブ(大)での撮影距離は約1cmと非常に短い。
CX2も同じ1cmだが、焦点距離の関係でより画像が大きく映っている。50mm辺りで複数チューブ重ねづけなどを試したいが、M42の50mmは持っていないので何か入手した時に試してみようと思う。

マクロレンズを別に買うと結構な出費だが、エクステンションは安くてフトコロにもやさしい。
持ち運びも楽なので、カメラバッグに忍ばせておくといざという時に頼りになるだろう。

持っていて損は無いアイテムである。


◆ブログランキング参加中!!◆
1日1回応援クリックお願いします(^-^) → にほんブログ村 写真ブログへ
こちらもお願いします(^-^) → 人気ブログランキングへ

2 件のコメント:

  1. アサペンのエクステンションチューブは安いので
    ほんと、お買い得ですよねw

    だからM42レンズは楽しいww

    返信削除
  2. ふくいのりすけさん

    本当に安いです。EOSとかだったら1万とかしますよね。
    色々なメーカーのレンズが付けられる自由度もあってM42は好きです。
    でも、次から次へ欲しい物が出てきて抑えるの大変です(笑)

    返信削除

次の投稿 前の投稿 ホーム