Canon P


高級機の大衆路線という矛盾したコンセプトのP型(Populaire)。

Canon7購入時に最後まで悩んだのがこのP型だ。
L型からの流れを汲むデザインは無駄が無く、シンプルで素晴らしいデザインでCanon7を買ってからもずっと気になっていた。

「7買ったんだから…」と思いながらも結局購入してしまった(^^;;


ヤフオクで部品取りジャンクを物色していると、カメラ4台+レンズ4本のジャンクセットを発見した。
コニカコンパクト2台とCanon一眼とPが含まれていた。

ぱっと見でLマウントの100mmか135mmもあったので、P型+Lレンズ2本狙いで落札した。

届くと以下が入っていた。
  1. Canon P
  2. Canon L用50mm f1.8
  3. Canon L用100mm f3.5
  4. Canon METER2
  5. Canon P+METER用革ケース
  6. Canon FX
  7. Canon FL58mm f1.2
  8. Canon FL 200mm f?
  9. コニカ C35EF
  10. コニカ C35AF
  11. 引き延ばし機用?レンズ
  12. フィルター3枚
肝心のP型はチョイ難あり程度だ。
  • パララックス自動補正が動かない
  • ファインダーの前レンズのリングが無い
不具合はこれくらいで、パララックス自動補正は開けてみないと直るかどうか分からない。
難ありだが、巻き上げとシャッターは絶好調で手持ちの7よりも感触が良い。
1/60秒で切ると「コトン」という音がする。
この表現はライカでよく使われているが、非常に心地よい感覚だ(^-^)

50mmは完動の美品。

100mmは絞り前の玉が激しく結露のように曇っている。
こちらは分解してみたが、洗浄では綺麗にならなさそうなので、研磨が必要っぽい。
自己責任でやってみよう。

Canon METER2は強い光を当てても全く反応しない。
感度切替えの接点がダメになっているのかもしれないから、今度開けてみよう。

一眼レフ関係はジャンク度合いがひどく、直して使うのは厳しそうな雰囲気。
だけどP関係が直れば充分過ぎる内容だ。

ボチボチと触ってみよう。



◆ブログランキング参加中!!◆
1日1回応援クリックお願いします(^-^) → にほんブログ村 写真ブログへ
こちらもお願いします(^-^) → 人気ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿

次の投稿 前の投稿 ホーム