KONICA HEXANON 38mm F2.8


先日のジャンクセットに入っていたコニカC35AF&C35EFをチェックした。 C35AFは電池を入れたところ一通り動作した。AF精度はわからないのでメンテナンス後にフィルムを入れて撮影してみよう。
今回は残ったC35EFを使って実験をしてみた。




Lマウント用KONICA HEXANON38mm F2.8 のできあがり。レンズユニットをIndustar 50のヘリコイドにはめてみただけ。レンズユニットにパーマセルテープを巻いてヘリコイドにピタッとはめてるので遮光は問題無い。


Canon7に装着してみたところ。見た目はまんまインダスターだ。


無限遠ロック状態。沈胴式ではないのでこの状態で撮影出来る超パンケーキタイプだ。
レンズユニットが飛び出て居るのが少しおしい。


ヘリコイドを繰り出したところ。最短撮影距離でこれなのでとてもコンパクトだ。
だけど、50mmのヘリコイドに35mmなので距離計連動はしないし、距離指標も全く参考にならない。


試写してみたが、露出がメチャクチャでまともなのが無かった(T-T)

机の上を撮ったもの。絞りがなく常時開放なので画像はとても甘い。


外に持ち出して撮影してみた。COLOR SKOPAR 35mmとほぼ同じ画角だ。

レンズの組付けが並行ではなくずれている為、右側が若干流れているが、きちんと精度出して組めば意外としっかりと写りそうな印象だ。

固定絞りを組み込むか手頃な絞りユニットがあれば、まともな写真が撮れると思うので検討したい。


◆ブログランキング参加中!!◆
1日1回応援クリックお願いします(^-^) → にほんブログ村 写真ブログへ
こちらもお願いします(^-^) → 人気ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿

次の投稿 前の投稿 ホーム