フィルムカメラで撮る!大阪ミナミ路地巡りツアー

Back alley
PENTAX K10D
Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm f2.8

会社で銀塩写真を普及すべく、取り組んでいる非公式写真部の第1回活動を行いました。
題して「フィルムカメラで撮る!ミナミ路地巡り撮影ツアー」です。

僕と仲間2名の合計3名で、大阪ミナミの路地を巡って撮影をしてきました。
行った路地は13カ所、約5時間の行程となりました。






1人は本日がフィルム2本目、もう1人は1本目という完全初心者ですので、EOS7とYASHICA ELECTRO 35GSと、AEカメラでの撮影となりました。 EOS7に付いたレンズはもちろんMFです(笑)
僕はK10DとOLYMPUS-PEN D3です。


始めに机上研修として絞りやシャッタースピードを軽く学び、街に出て撮影スタート!



しゃがむ、見上げるなど、あらゆる方面を撮りまくる2人。
36枚撮りのポートラ800を2本で、72枚位でいけるかと思いましたが、全然足りず途中でフィルムを追加調達しての3本撮りきりました。いい感じですね(^-^)


Menu in strange places
PENTAX K10D / Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm f2.8


こんな所にメニュー貼って誰が頼むのでしょうか?


Street lamp in the shape of eel
PENTAX K10D / Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm f2.8

鰻谷通りというのがあるのですが、そこから入った路地にも手が込んでいます。


Wire
PENTAX K10D / Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm f2.8

路地とは言え、大阪のど真ん中なのでケーブルの数が半端ではありません。


Wine bottle
PENTAX K10D / Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm f2.8

路地にはお洒落なお店や美味しそうなお店が非常に多く、お店の発掘には良いですね。


Cafe
PENTAX K10D / Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm f2.8

スタバやドトールなど「カフェ」の台頭で、こういうのも見なくなりましたね。



-IMGP8768
PENTAX K10D / Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm f2.8

飲み屋街にはこういう懐かしい雰囲気の看板やビルがたくさんあります。
夜に通ると華やかな街ですが、昼間はとても静かで死んだようになっています。


今までデジカメの設定をいじることはあまり無かったのですが、ueharaさんを見習って設定を変えてみました。事前にアレコレ試して、しっくりくる設定をUSERモードに設定して臨みました。

いつもと写真の雰囲気が全然違ってビックリしました。 面白いですね(^-^)


撮影ツアーですが、時間の関係で成果物のレビューは後日にお預けとなりました。
一番楽しみな所が持ち越しでウズウズします(笑)

撮影自体はメンバーに楽しんでもらえたので良かったです。
今後も布教活動を頑張ります!


◆ブログランキング参加中!!◆
1日1回応援クリックお願いします(^-^) → にほんブログ村 写真ブログへ
こちらもお願いします(^-^) → 人気ブログランキングへ

15 件のコメント:

  1. いいですね。
    私も尾道とか歩きまわって撮影したいですね。
    でもそんなコトしてたら知り合いに会いそうだし…

    返信削除
  2. SEINOさん、コメントありがとうございます。

    裏路地は発見が多くて楽しいですよ。
    昼の飲み屋街は閑散としているので、知り合いに会うことも少ないかもしれませんね。

    返信削除
  3. ご紹介ありがとうございます(てへへ)。
    フィルム好きを増やす、いいですねー!
    ぼくらが仲間内でやっているのが「フィルム一本勝負」です。
    6〜10名で36枚撮りを二時間以内に同じ町へ散らばりその日のうちにプリント。
    すべての写真を全員で見る、という遊びで、もう43回やってますw
    一枚一枚すべて作品作るぞ!という気合いで望みますが…なかなか難しいです。
    全員で写真を回覧して各自がお気に入りに一枚だけ付箋を付けるというシビアなもの。
    写真展も毎年この形式で全部見せちゃう、ってのをやってます。
    ぜひ「たけさんのお仲間」でやって頂けたら嬉しいですね〜〜。
    詳しくは
    http://ariaribox.exblog.jp/i19/

    デジタルカメラでも色々細かな設定を変えて遊べますね。
    ぼくは町を撮るとき、彩度低め、コントラスト高めです。
    晴れの日はAWBですが、曇り、雨の日は暖色系のWB設定が多いですね〜

    返信削除
  4. 会社で銀塩写真の布教活動をされているんですね。
    その根性たるやすばらしい。
    YASHICA ELECTRO 35GSが出てくるとは、びっくりしました。
    当時はなかなかのカメラで、使っていた記憶があります。
    初期のカメラのはずなので、「GS」はついていなかったかも。
    OLYMPUS-PEN D3といい、懲りまくってますね。

    返信削除
  5. 路地裏良いですね。
    メニューは誰に見せてるんでしょうね。

    返信削除
  6. ueharaさん、コメントありがとうございます。

    フィルム一本勝負みました。面白い企画ですね。
    メンバーがある程度、写真慣れしたらやってみます。

    コメントで「彩度落として、コントラストあげて」と教えて頂いたので、その方向でパラメーター何度か調整しました。
    K10Dは色別にホワイトバランスいじれるので、触り甲斐がありそうです。
    色々試して、自分なりの設定を見つけてみたいですね。

    返信削除
  7. kuromeさんコメントありがとうございます。

    会社内に写真の話できる人がいないので、「それなら作ろう」ということで布教しています(^-^)

    YASHICAエレクトロは良いカメラですね。レンズが良いのでとても綺麗に写ります。
    PEN D3もそうですが、この時代のカメラは安く買えて、写りも良いので楽しいですね。
    会社での貸出用という大義名分(言い訳)の元、どんどん増えています(笑)

    返信削除
  8. kenさんコメントありがとうございます。

    撮るもの無いかも?と思っていましたが、なんだかんだで色々撮れて、発見も多くて楽しいですよ。
    あの寂れた雰囲気が何とも言えません。

    ミナミは3枚目のメニューみたいに意味の分からない物も結構多くて謎が多いです。

    返信削除
  9. おお!素晴らしい活動されてますね!
    ボクも負けずに銀座路地で活動しますw

    ueharaさんの活動面白いですね!
    今度真似してやってみてもよいでしょうか(^^

    返信削除
    返信
    1. ふくいのりすけさん
      嬉しいですねー、ぜひやってみて下さい!
      実はフィルム好きを増やしたくて東京でもメンバーが上京したときに、現地のブロガーさんとやったらしいのですが、定着しなかったようですw
      まあ、写真が好きなのと、まちを歩くのが大好きじゃないとなかなか難しいのかもしれません。でも、ぼくらが飽きずにできるのも、この緊張感がたまらないんですよ。因にぼくらはレンズもほとんど同じ画角で揃えることが多いです。標準域、とか広角とか、中望遠とか…どうぞ、宜しくお願いします。

      削除
    2. 返信ありがとうございます!

      近々是非企画してみたいと思います(^^

      画角をそろえるのもおもしろそうですよね!
      でも同じ条件で他人と見せ合うのは
      確かに緊張感ありますねえ(^^;

      削除
  10. ふくいのりすけさん、コメントありがとうございます。

    メンバーと「なに撮りに行く?」と打合せしてるときに、のりすけさんの銀座OFFの話を思い出して、話すと皆ノリノリで路地に決りました。

    初心者らしからぬチョイスです。
    始めて撮ったフィルムが高感度で被写体が路地ですから(^^;;
    いずれ銀座でご一緒したいですね。

    返信削除
    返信
    1. 少しはお役にたてたようで光栄です(^^

      実は路地はフィルムの方が合うと思うのですよね~

      特に暗めの路地は輝度差が激しいので
      ラチテュードの広いネガの方がいいし
      質感的にもフィルムの方が合うと思います。

      このまま皆様にもノリノリでフィルムマニアになってほしいものですね(^^

      削除
    2. 仰るようにフィルムは路地に合いますね。
      寂れた感を写し取るにはフィルムの粒状性が雰囲気を出してくれますね。

      今回の参加者はAEカメラなので、露出ミスもなく、フィルム写真の楽しさも知ってもらえたと思います(^-^)

      削除
  11. とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。。

    返信削除

次の投稿 前の投稿 ホーム