GIMPで似非HDR?

Osaka Castle reflected in the water

HDRソフトとかで写真を合成して、新たな表現を作り出される方がいますが、ブログ巡回しているウチに興味が出てきました。

NEX-5Nにも「絵画調HDR」というフィルタもあることに昨日気付いて、試してみたいと思っています。(説明書は読まないとダメですね)


まだまだ有料ソフトを買うレベルでは無いので、まずはGIMPのレイヤーオプションなど覚えようと思って色々触ってみました。
比較(明)、オーバーレイなどは何となく理解出来ましたが、なかなか難しいですね。




写真は先日の記事で貼った大阪城を加工したものです。


  1. オーバー気味にしたレイヤーを透明度50%でオーバーレイ
  2. アンダー気味にしたレイヤーを透明度70%で比較(暗)
  3. 元レイヤーのコピーを「レティネックス 高い」した物をオーバーレイ100%
  4. 元レイヤーのコピーを「レティネックス 低い」した物をオーバーレイ100%
このような順番で上に重ねていますので、レティネックスが上になりますね。


元写真が1枚なのでHDRではないですが、割と変わりますね。
レティネックスを使う事で「絵画調HDR」ぽくなりました。


上の写真は広角なのでわかりにくいですが、等倍切り出しだとかなり絵になっています。



巷でよく見るコテコテのHDR写真のようになりましたね。
専用ソフト買わなくても、それっぽい事は出来そうな気がします。

せっかくのデジタルですから、こういうお遊びもやってみると面白いですね(^-^)




◆ブログランキング参加中!!◆
1日1回応援クリックお願いします(^-^) → にほんブログ村 写真ブログへ
こちらもお願いします(^-^) → 人気ブログランキングへ

2 件のコメント:

  1. 遊んでますね。
    腕を磨いて、いろいろ見せてください。
    私はどうもこの種のことが苦手で、
    上手にできません。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      ソフトの操作を覚えるにはこういう遊びはいいですよ。

      色々やって腕を磨きます(^-^)

      削除

次の投稿 前の投稿 ホーム