Lマウントの広角レンズが欲しい

タイトルと関係ないけど、オクで購入したM42の2倍テレコンをテストしてみた。
RICOH RIKENON AUTO 135mm/f2.8に取り付けて、フルサイズ換算432mm/f5.6かな。
昔α8700iでよく使っていたシグマの400mm/f5.6と同じ感覚だ。

時間が悪かったので、月がほぼ真上にあり1/400秒でも微妙な写真だ。
やっぱり三脚は必要だな。


さて、本題です。
Canon7とインダスター50で色々と撮っていて「使いにくいな」と思うことが多い。





寄れない
一眼 ではFlektogonをメインで使っているから、寄れないのはつらい。 RF機にその感覚を持ち込むのが間違いなんだろうが、Industar 50からあと少し寄りたいシーンは非常に多い。

画角の問題
昔から「まず50mm1本で感覚を養え」というし、自分もミノルタαでは400mmと50mmだけで4年ほど過ごした。でも、やっぱり50mmだけでは画角が狭すぎる。
立ち位置を引いて調整はするが、ぱっと構図がきまるに超したことはない。

暗い
平日の終業後にも色々撮りたいので、普段使いレンズとしてはIndustar50のf3.5は致命的だ。小さいので交換レンズとして持ち歩きがベストかなと思う。
FujicaV2みたいにf1.7くらいあれば、ISO100でもスローシャッター使えば夜でも撮影出来るのでベストだ。


ヤフオクやGoogleで調べてみるが、Lマウントはライカ中心だからか全体的に高い!
「手軽な値段で」という条件を付けるとjupitar12の35mmくらいしか見当たらない。

いろいろと悩んでいると、机の上の↓コイツに目が留まった。

Canon DEMI EE17


CANON LENS SH 30mm 1:1.7

・・・

30mm 1:1.7!!

いいね(^-^)


こうして「DEMI EE17レンズLマウント化」構想が頭に浮かんだ。
改造業者に出すと50000円以上掛かる内容だし、簡単な事ではないという認識はある。
でも、やってみたい。 ブログのネタにもなるし(笑)

課題は結構ある。
  • フランジバック(バックフォーカス)問題
    DEMIはフランジバックが当然ながら不明だが、バックフォーカスでみると結構短いので合わせるのが大変かもしれない。
  • 距離計連動の対応
    やはり距離計連動しないとピント合わせが厳しいし、目測だと使い方が限られてしまうので対応したいところ。
  • LLマウントの入手
    これは費用だけだが、わざわざLマウントレンズを買ってマウント流用するのは忍びない。
    でも、カメラ屋のジャンク置き場でLマウントレンズなんて見たことない。
    ボディキャップ流用が一番妥当か…。
アレコレ悩みながら検討している。

この時間が楽しいんだけどね(^-^)
Ads by Rakuten


◆ブログランキング参加中!!◆
1日1回応援クリックお願いします(^-^) → にほんブログ村 写真ブログへ
こちらもお願いします(^-^) → 人気ブログランキングへ

2 件のコメント:

  1. 改造レンズは私も大変興味があります。
    でも、距離計を連動させるのは難しそうですね。
    M-Rokkor方式なら比較的簡単かも。
    後はハーフ用のレンズですから、フルサイズで使うなら周辺光量不足を楽しむのもいいですね。
    キヤノン7で使うなら、シャッタをTにして、レンズシャッターも楽しめるかも。

    返信削除
  2. SEINOさん

    コメントありがとうございます。

    DEMIのレンズは直進ヘリコイドなので、カムを押す部分に傾斜を使うことができません。
    アレコレ考えているのですが、距離計連動はなかなか難しそうな感じです。

    レンズシャッターも楽しそうですね。

    実装方法をのんびり考えてみます。

    返信削除

次の投稿 前の投稿 ホーム